体育会学生におすすめしたい就活情報サイト2選をご紹介!エージェント支援で有利に就活を進めて就職・採用を実現!

体育会系の学生は就活で有利!その理由とは

学生の就活において、一般的に体育会系の学生の方が有利と言われています。
スポーツに打ち込んだり部活動をずっと続けたりしてきた学生には、多くの企業が新卒の社員に求める資質が備わっていることが多いというのが大きな理由です。
では具体的に体育会系の学生が持っている強み、就活におけるアドバンテージはどんなものなのか考えてみましょう。

 

 

良好な人間関係を築くコミュニケーション能力

日本ではかつてのような終身雇用が当たり前の時代ではなくなり転職する人も増えてきていますが、高い報酬やキャリアアップなどの前向きな理由が全てではありません。
転職理由の上位に必ずと言っていいほどランクインするのが現在の職場における人間関係です。
職場の環境や上司に問題がある場合もあれば転職者本人に問題がある場合もありますが、社会人にとって人間関係というのはある意味仕事の内容以上に大事な要素なのです。

多くのチームメイトや部活仲間と長い時間を共に過ごし監督やコーチ、後輩など様々な人間関係を築くことを求められてきた体育会系の学生は、コミュニケーション能力に対する期待値が高いことが多いです。
集団として結果を出すためには当然同じ組織の仲間との円滑なコミュニケーションが大事で、それはスポーツでも会社でも変わりません。

学生時代から他人と一緒に同じ目標に向かって努力してきた体育会系の人間には、企業の人事担当者は採用してからも同じように同僚と良い関係を築いてくれるだろうと期待しているのです。そのため体育会の学生は就活中に思う存分アピールすることで他の学生よりも有利になるでしょう。

主体性や積極性、自分で考え行動する力

どんな業種、どんな業界でも、新卒の社員に求める要素として自分の頭で考えて行動する主体性や積極性を挙げられます。
言われたことだけしかやらない人や行動力のない人は以前にも増して企業で敬遠される傾向にあります。
現代のような変化の大きい時代にあり企業が生き抜き、より高い業績を残すため自分自身の頭で考えて動ける人があらゆる会社で求められています。

体育会系の学生は勝利や目標のために努力を重ねてきた経験から、これらの性格を備えている人が多いのも特徴です。
特に医学的・科学的な根拠を基にしたトレーニングも最近は普及してきており、学生時代から技術や能力を高めるために自分でベストな練習法を考えて実践する若者も増えています。
チームスポーツであっても、集団の目標を達成するために一人一人の選手が考えてプレーするのが常識になっています。

このような特徴は就活においても存分に発揮され、体育会系の学生は部活動で主体的に取り組んだ経験や成果などをアピールすることで、他の一般的な就活生よりも良い印象、評価をもらえることが多いということが言えるでしょう。そのため体育会系の学生は就職先が決まりやすい可能性が高いです。

困難や試練を乗り越える精神的なタフさ

メンタルの不調でドロップアウトしてしまう会社員が社会問題になっているように、社会に出て働き始めると学生時代には経験しなかった辛い場面や困難な局面に立ち向かわなければならないこともあります。
こんな時に最も大切なのは、もちろん会社のサポートや周囲の支えもあるでしょうが、何よりも本人の精神力です。

体育会系の学生であれば苦難を乗り越えた経験が全くない人はまずいないでしょう。
場合によってはどんな企業よりも厳しい指導者や環境の下でスポーツに打ち込んできたという人もいるかもしれません。
様々な問題を解決したり辛い時期を耐え忍んだりして培った精神的な強さは社会人になってもそのまま活き、会社員として試練に打ち勝たねばならない局面において大いに役立ちます。

就活でも面接官は学生が自分の会社で働くために必要な精神力を備えているかどうかは良く見ており、それが体育会系の学生であれば自然と期待値は高まります。もし体育会系の学生が就活で精神力をどんどんアピールしていけば、面接官の期待通りの人材になるので採用率がアップするのではないでしょうか。
スポーツを通して身に付けた心の逞しさこそ、就活において体育会が有利になる最大の理由の一つなのです。