体育会学生におすすめしたい就活情報サイト2選をご紹介!エージェント支援で有利に就活を進めて就職・採用を実現!

就活に活かす!体育会系学生を企業が好む理由を知ろう


就活をする際に勉強などほとんどしてこなかった体育会系の学生が超一流企業に就職したというケースをよく目にします。
体育会系の学生は確かに就職活動でも有利に動けることがあり、大学時代にスポーツに打ち込んできた学生は好印象を抱いてもらえることが多いです。
企業がそれらの学生を採用したい理由とは一体何があるのでしょうか。

 

気力や体力が優れている

学生生活に比べ、残業や取引先との折衝など私生活に犠牲を強いられる場面もあるのが社会人です。
どんな環境にあっても、すぐに弱音を吐いて仕事を辞めてしまう学生が多い中で、どんなことをやっても挫けないで仕事に打ち込む人材を欲していることは明らかです。
体力が必要になる仕事ではより体力があり、仕事に集中できる能力が高い学生が有利に働きます。

仕事量が多いテレビ関係の仕事や広告代理店は、仕事でもタフさを求められる傾向にあります。
体育会系でスポーツをみっちりと行ってきた就活生は、きつい練習をこなしてきたという実績があるので、精神面や体力面できつい仕事や数字を重視する企業で重宝されるのです。

活動的な学生には外回りなどの営業職に採用されることも多く、活動的な学生に向いています。
同じ職場の先輩や同僚は同じく体育会系ということも多いので、仕事も学生時代のような先輩後輩の仲でやっていくことが可能です。
体育会系でない学生に比べて、今までのやり方に慣れているので、先輩や同僚からも慕われることでしょう。

礼儀など最低限のマナーが身についている

スポーツをしていると、先輩や後輩といった立場で縦社会を感じることも多いですし、先輩に対してはしっかりと敬い、後輩に対しては厚く指導するといったことを部活動の中でやってきた方もいることでしょう。
社会人になると、仕事関係で同じ会社の人や取引先の人で年が離れた年配の人と仕事をすることもあります。

スポーツをやってきた学生は先輩に対する礼儀やマナーを知っているので、コミュニケーションが取りやすいというメリットがあります。
コミュニケーションスキルは仕事を円滑に進める上で大変重要な要素です。
先輩だけでなく面倒見が良いと後輩からも慕われることになる人は体育会出身ということが多いです。
仕事だけでなく、プライベートでも信頼されることでしょう。

ビジネススキルやマナーなどは入社後研修で学ぶことが多いのですが、ある程度礼儀を知っている学生であれば、より扱いやすいということになります。
縦社会を経験したことがあるかどうかは、社会人として成功できるかどうかの大切なポイントです。

チームプレーで他者と協力ができる

何人かで行うスポーツは、自分の力だけでは勝利を収めることはできません。
チームメイトとしっかり協力することで勝負に勝つことができるのです。
会社で行う仕事もチームプレーが必要となる仕事が多いので、社会に出た時に大変役立ちます。
周りのことをしっかりと考えた上で仕事を進めることができるというアピールができるのも、体育会系出身の就活生のメリットです。

自分よがりで仕事を進めるのではなく、上司と相談しながら、また同僚と協力をして最適な仕事を作り出していくので、スポーツの経験は社会人生活に通じるものがあります。
就活では、コミュニケーションスキルや最低限のマナーがあるかなどは面接を通じてチェックされますが、コミュニケーションスキルはそのような経験があったかどうかでも判断することができるのです。
最低でも4年間スポーツを続けてきたという経験は、就活をする上で役に立ちます。
体育会系が多く採用される企業は、プロセスなども見てくれますし、様々なことに挑戦できる職場環境であることが多いです。