体育会学生におすすめしたい就活情報サイト2選をご紹介!エージェント支援で有利に就活を進めて就職・採用を実現!

就活のための体育会系学生の髪型のポイント

公開日:2018/10/01  

体育会系の学生が就活をする際、いくつか注意を払いたいポイントがあります。
その内の一つが髪型に関することですが、たかが髪型と軽視することはできません。
とは言え、あまり見た目に拘りなくやってきた体育会系の学生もいるかと思われますので、就活には一体どのようなスタイルで臨むのが良いのか迷ってしまう人もいることでしょう。

 

坊主の印象は必ずしも良いわけではない?

体育会系の学生にありがちな髪型なのが坊主ですが、「短髪で好印象」というメリットがあります。
髪が長く清潔感に欠けてしまうよりも、すっきりとした見た目の方が良い印象を与えられる可能性があるでしょう。
しかしながら必ずしも印象が良くなるわけではないということも理解しておいた方が良いと言えます。

なぜあまり印象が良くない場合があるのか、理由の一つにビジネスシーンでは坊主で働く人が多くないことが挙げられます。
中にはもちろん存在するものの、しかし全体から見ると少数派であり、ベリーショート程度に留めていることが多いです。
そのような中、坊主ですと浮いてしまいやすく、浮いた存在になるのは就活でデメリットになることでもあります。

調和が乱れてしまう印象を与えてしまう部分があったり、職種によっては怖く見せてしまったりすることで、不便をきたすと考えられてしまうこともあるのです。
仮に就活をするライバルと接戦になった場合、その些細なデメリットが両者を分ける要素になり得ますので、マイナスに捉えられそうな要素は徹底して排除していくのが無難と言えます。

職種によっては全く問題ないことも

坊主という髪型は男らしい印象を与えますが、男らしさを通り越してワイルドだったり怖く見えたりするのは就活において良いことではありません。
しかしながら髪型に対する捉えられ方は、職種によって左右されるとも言えるでしょう。

例えばアパレル系や営業職などの場合ですと、センスが求められる仕事でもある上、人前に出る都合上、坊主という印象的な髪型は不利になってしまう恐れがあります。
就活はその人の内面の要素によって合否が左右される一方、見た目で判断される部分があるのも否めません。
外観も重視される職種ならばなおさらです。

逆に男らしい見た目で好印象に取られる職種もあります。
例えば土木系や職人仕事などのほか、運送ドライバーなどはあまり見た目が気にされることはありません。
むしろ体育会系の頼もしさを感じてもらえることもあり、良い印象に映ることも考えられるのです。
志望する職種次第ではそれほど気にする要素でもないと言えますが、どういった業界を希望するのかを踏まえて適宜対応していくことが大切です。

どのような髪型にすると好印象なのか

就活をする体育会系の学生はどんな髪型が良いのでしょうか。
無難なのはベリーショート以上の長さにしておくことです。
坊主と同様の短髪というカテゴリーでは共通しているものの、見た目のインパクトはまるで違っています。
一見して迫力を感じさせてしまう坊主と比べると、ベリーショートは爽やかで清潔感のある印象を与えることができるはずです。就活において見た目に爽やかさがあるのは大きな利点であり、髪型が不利に働いてしまうことはありません。

しっかりと整えておくのもポイントの一つです。
ぼさぼさ頭になってしまうと清潔感に欠けてしまうだけでなく、印象が薄く見えてしまう原因にもなり得ます。
スーツスタイルをスマートに見せるためにも、手入れをして整えておくようにしましょう。

なお、あまり奇抜な見た目にはならないように注意した方が良いと言えます。
例えばワックスで思い切り髪を立てて攻撃的な見た目になったり、ツーブロックでカジュアル感が出過ぎてしまったりすると印象が良くありませんので、就活の時は髪型でアピールはせず無難に仕上げるのが安心です。