体育会学生におすすめしたい就活情報サイト2選をご紹介!エージェント支援で有利に就活を進めて就職・採用を実現!

体育会系学生は就活でインターンに参加するべきか?


企業というのは大きな組織です。
組織の中で生き抜くためには上下関係がしっかりとしていて、礼儀正しくマナーを弁えた社会人であることが求められます。
体育会系の強みというのは、長年の身体への鍛錬と厳しい上下関係によって養われた礼儀作法です。
これらは一夜にして身につけることができないので、こういったことは体育会系の強みとも言えるでしょう。

 

体育会系の本領発揮!インターンで違いを見せつける

就活における体育会系学生の難しいところは、多くの時間を部活に費やす必要があるという点にあります。
普通の一般的な学生が使うことができるバイトや遊びの時間を、部活のために諦めなければならないのと同様に就活においても同じことが言えるのです。

十分な時間を就職活動にかけることができない、そういった体育会系の学生は、インターンを生かして積極的に会社側が求める人材であるということをアピールする必要があります。
長年スポーツによって培われた集中力や忍耐力、そしていざというときの底力をインターンという場で大いに発揮し、会社側にぜひとも採用したいと言わせるだけの力があるのですから自信を持って挑みましょう。

就活では部活との両立を常に強いられるので、インターンは効率的に就職活動を進めるための武器になります。
短い期間で自分をアピールし、覚えてもらうことによって短期決戦で就活に望むことができるのです。
普通の学生のように十分な時間をかけられないのであれば、頭とコネをフルに使って就職活動に望むことが内定という勝利への近道になるのです。

インターンを活用し就活を早期に始める

部活に多くの時間を費やす必要のある体育会系の学生の場合、インターンを活用することで就職を早期に初めて短期決戦で臨むことができます。
体育会系の学生の場合には試合や部活の練習に多くの時間が取られてしまうので、あまり就職活動自体に時間を掛けることができないのが一般的です。
一般企業の就活は4年生になってから始めることが多いと思いますが、できれば3年の夏休みには始めたほうが賢明です。
早く初めて情報を吟味し、企業研究やインターンをフル活用することによって第一志望の会社の内定を勝ち取る近道にもなるのです。

やはりなんと言っても体育会系ブランドというのは社会に存在しており、そのブランドを生かして就活をすることがとても重要です。
就活が始まると一気に学生たちが企業のセミナーに足を運びますが、体育会系の学生の場合は部活に励みながらESを書き、更にはOB訪問をするとなると体一つでは到底時間が足りません
そこで、他の学生よりも前倒しにして最低でも3年の夏には就活をスタートしておくようにすることが重要です。

OB訪問で進みたい業界を絞ること

体育会系の強みの一つがOBの多さです。
企業の大学への信頼も厚いので就職活動では体育会系のブランドが生きてくる場面が多々あります。
そのようなブランド力というのはOBとの強い結びつきによって裏付けられているのです。
勘の良い方ならもうお分かりのことだと思いますが、体育会系の学生にとって最も重要なのは、希望する職種や企業のOBをできるだけ時間に余裕のあるときに訪問して、広く浅く企業研究を始めておくことです。

就職を希望する業界で求められるスキルや能力、どういった人材が会社には実際にいるのかについて詳しく研究しておくことが内定の鍵を握ります。
OB訪問をできるだけ早い段階で済ませておき、次の段階では企業研究をさらに進めて自分と向き合う時間を作ります。
自分はどういうところが長所で、どんなところが弱点なのか、その弱点を克服するためにはどんな事ができるかなどしっかりと対策を練ります。

その後、業界を絞った後に再度OB訪問を実施します。
志望する企業のOBに実際に会って話を聞くことで方向性を具体化することができます。