体育会学生におすすめしたい就活情報サイト2選をご紹介!エージェント支援で有利に就活を進めて就職・採用を実現!

体育会系が就活の面接でアピールすべきこととは

体育会系の学生は就活に強いと良く言われます。
スポーツに打ち込み、様々な困難を乗り越え努力を重ねてきた体育会系は確かに就職において採用担当者に好まれやすい傾向にあります。
しかし、自分はずっと運動部に所属していたから大丈夫と油断していては実際の就活で足元をすくわれかねません。
自分の経歴や経験がどのように就活で活きるのか、どんなことを面接でアピールすべきなのかはしっかりと把握しておくべきでしょう。

打たれ強さや根性などタフな精神力

スポーツに打ち込んできた人間なら、誰しも一度は辛い経験を乗り越えてきているはずです。
指導者の厳しい叱責や練習におけるハードワーク、レギュラー争いや試合に負けた悔しさなど様々な苦難を若くして体験してきた体育会系にはメンタルが強い人が多いのが特徴です。
就職に強いと言われるのも、この精神力の強さが最大の理由です。

社会に出れば、どんな職業でも学生時代には経験できなかった困難な局面に対峙する瞬間があります。
それは人間関係だったり業績だったり種類は様々ですが、ここで最も大事なのが問題を解決したり苦しい時期を耐え抜いたりするのに必要なメンタルの強さです。
体育会系の学生が好まれるのはスポーツに打ち込んだ経験から、社会に出てもタフな精神力でこれらの場面を切り抜ける期待値が高いからなのです。

特に営業など、外回りや数字を上げることが求められる仕事の場合、この特徴は最大のアピールポイントになるでしょう。
面接では自分が学生時代にどれだけ難しい場面を乗り越えてきたか、具体的なシーンを交えて話すことで精神的なタフさがより面接官に伝わります。

協調性やチームワークなど人間関係への適応力

よほど特殊な職業でない限り、一生一人で完結する仕事は存在しません。
どんな仕事でも初めて社会に出る若者には上司や先輩がおり、同僚がいます。
職場の人間関係に対する不満で転職する人が多いことからもわかるように、社会人として働き始めると如何にして上手に集団の中で生きていくかが非常に大事な要素になります。

体育関係の学生なら、小さい頃から部活動などでチームメイトと過ごしてきた時間が大半のはずです。
時にはポジションを争うライバルでもあり、時には同じ目標を目指す仲間でもあった多くの友人と長い時間を過ごしてきた人間なら、社会に出ても同僚たちと良好な関係を築いてチームワークをベースに結果を残せる可能性が高いと思われるのは当然のことです。

仕事では自分が気持ち良く社会人生活を過ごすためだけではなく、会社や組織として業績を残すためにも協調性は重要なため、採用担当者も目を光らせて観察しているポイントです。
就活ではチームメイトや仲間たちと協力して結果を残した経験を明らかにして、採用されても同じように仕事仲間と問題なく協力関係を築ける人間であることをアピールしましょう。

コミュニケーション能力や主体性

新卒の学生に求める資質は何かというアンケートを企業にとると、ほとんどの場合主体性やコミュニケーション能力といった項目が上位にランクインします。
学歴や経歴、特定の専門知識や資格などよりも、他人と良い関係を築いたり、自ら考えて動けたりといった、人としての素質を最近の企業は重視していることがわかります。

これらの性質も、体育関係の学生であればこれまでの経験を通して身に付けている人がほとんどでしょう。
スポーツの世界では上下関係も厳しく、監督や後輩など様々な人間を相手にコミュニケーションを求められる場面が多いですし、チームの目標を達成するために一人の選手として自分で考えたり行動したりすることが習慣になっている学生も多いのではないでしょうか。

主体性とコミュニケーション能力は、どんな業界、どんな会社を志望する場合でも必ず通用する重要な強みです。
就活の面接でも、これらの特性は体育会系の魅力として面接官が期待しているポイントです。
誰とでも良い人間関係を築くことができ、自分の頭で考えて仕事ができる人間だと評価されるよう、大いにアピールしましょう。